<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧




月食

昨晩、皆既月食だった。
たまたま19時過ぎに車で峠を越えて下っている時に東の空に薄赤っぽい月が見えた。
真っ暗になると思っていたので、最初は月食とは思わなかった。
怖く、不気味な気がした。
昔、皆既月食は縁起が悪い等と言われたらしいが、分る気がした。

山深い家からは月が昇ってくるのが遅く、月食が終わりに近い頃見れた。
晴れた空に、一段と明るい月の右側が黒く欠けていた。
月食が終わって少しほっとした。
なぜか分らないが。。

f0089352_6104391.jpg
お月様ではないけれど、小さい宇宙な感じ。きれいに光る貝のふた。



by itotoki | 2007-08-29 06:12 | 雑記

海行き  

この夏の3回目の海。
姪っ子2人を連れて行った。
この2人は海経験が少なそうだ。
せっかくだから海で流木を拾い、火を焚き、家で昨日採れた枝豆を海水で茹で、ご飯も炊いた。
街で育っている2人には新鮮だった様子だか、反応の仕方が分からない様子だった。
私たちも細かく説明をせず、2人が何かを感じてくれれば良い位にのみ思った。
詳しい説明より自分が感じた事が残っていて、いつか思い出す事があれば良いし、それは個人の感性だと思う。
本当は生きて行く為の当たり前の事なのだが。。。

海は変わらず気持ちよかった。
2人と同じ子供の様にはしゃいでいた。
楽しい。

楽しいより緊張していたのはアローだけだ。
浮き袋と私やブッチの肩に乗って海に浮かぶ。

子供は順応が速い。
最初は怖がっていても少し時間が経つとさっき怖がっていた事も平気で出来る。
うらやましいと思った。

今年の夏の海行きはこれで最後。
また、来年きっと行く。
f0089352_21491510.jpg
枝豆を茹でる塩加減は海水が最高だった。
f0089352_2150486.jpg
本人の自由だが、海をもっと好きになって欲しいと思う。



by itotoki | 2007-08-27 21:51 | すきなもの

カリンバ

お盆恒例、畑の小屋に(殆どキャンプ状態)泊まった。
満天の星、新月、それにペルセウス座流星群、
外の空気を感じ、星を見上げ、ブッチとカリンバセッションを。
全く技術はない。
思うままに音を奏でる。

そのうちに気持ちよくなってくる。
何となく音になっている。

流星は二人で2個見つけた。



by itotoki | 2007-08-26 19:59 | 想い

残暑

お盆前位から暑さにも少し慣れた気がする。
毎年思う事?『今年の夏は暑すぎる』と。
雨が降らないから余計暑さを感じる。

畑の野菜達には水をやっているがそれでも雨の方がずっと良い。
雨が少し降った次の日には生き生きとして、残暑を吹き飛ばす勢いになっていた。

この暑い時期は一段と忙しかった。
お盆準備、お盆参り、同窓会、自分ちの畑事、実家の畑の手伝い、遊び。。。
畑はゆっくりでお昼の休憩が多いが、少しづつ進んでいる。
特に草や虫達は、残暑知らずと言える程元気に動いている。一生懸命なのが感心する。

それと、あんまり手をかけてあげられていないのに、、、と家の野菜達にも感心している。
f0089352_4225387.jpg
旬の野菜を思う存分楽しんでいます。ありがとうです。



by itotoki | 2007-08-22 04:26 | 雑記

巣立ち

今日、ようやくツバメが巣立ちました。
小屋で休憩していると突然飛び出した。
小屋の中に着地。
次々飛び出す。
しかし、ブルーシートの間に入ってしまうものや、小屋の2階に上がってしまい隙間から外へ出れないもの、ひさしの木の隙間に停まってしまい飛べなくなったもの。。。。。
たいへん。
どうするか、様子を見るかな。
しばらくして、様子を見に回るとなんとか外へ飛び出せたようだった。
一安心。

親鳥は、巣にいないヒナの為に小さいトンボをくわえていた。
あっちへ行ったりこっちへ来たり。
ヒナを追いかけて飛んで行った。

定期的に巣の方へ帰って来るが、飛び方とエサの取り方を教えてもらいに外へ行ったままだった。
無事に飛び出せて良かったね。
おめでとう。
f0089352_21523378.jpg
飛び出して初着陸
f0089352_21531012.jpg
飛び出して畑を半周くらいして帰ってきました。親子で。



by itotoki | 2007-08-08 21:53 | 雑記

ペルー土器二人展と東寺

昨日、京都で行われた、ビクトル マヌエル フアレスさんと清水匡子さんの展示を見に行った。
彼の作品を以前見た事が会って興味があったのと、ペルーと言う名前に惹かれたので。
焼き物の事は詳しくないが、紀元前500年も前からの方法を自分なりに少し変えてその地で続けている事と、実演を見せてもらって土と手が一体化しているみたいに滑らかに形を変えて行く様、彼の静かでありながら集中している顔に感動した。
作られているものもすごかった。
うまく言葉にできないが、魂から良いと伝わって来る。
ちょっと恥ずかしいこの表現が合っていると思う。
私のペルーのイメージはインカ、マヤ、アステカ等の遺跡好きから、『石と土』そして、『太陽』。
確実なものになった。

展示を見に行く前に東寺のガラクタ市に寄った。
なぜか、メスシリンダー、試験管、試験管立て、薬用瓶等のガラスものが気になった。
ブッチの影響か(元化学系のため?私も元々これらに少し関わっていたため?)。
結局、遮光の薬用瓶を購入。
瓶とふたのガラスが擦れた感じが好きなのに、、、『ここにワセリンを塗ると密閉しやすくなる』とブッチが興ざめな事を横から言う。
種等保存するには良いと思っていたけれど、密閉する方が良いのは分っているけれど。
ねえ〜。

東寺とペルー違う文化を楽しんだ一日でした。
f0089352_23582081.jpg
今年まだ見れていなかった蓮の花。きれい。この文化は??



by itotoki | 2007-08-06 23:59 | 作品鑑賞

巣立ち前

ツバメの第2回目のヒナ達の巣立ちが近そうだ。
親鳥が時々巣立ちを促しているようだ。
2回目ともなると何となく理解出来ていると自負している。
なんと話しているかは分らないが、雰囲気だ。

今回4羽で狭いながらも巣から落ちずに無事に育っている。
時々、1回目のヒナ達も小屋に入って来て私の頭上の竹に停まっている。
団体になると嬉しくなる。

大家族いいね。

ちょっと目を離した隙に??粟の穂が出来ていた。
2回目のヒナの巣立ちの時期と同じ頃と憶えられる。
こんな時期の憶え方が好きだ。
f0089352_2329523.jpg
時々羽ばたき練習をしています。
f0089352_23294468.jpg
粟の穂、近くでスズメ達が待機中。



by itotoki | 2007-08-06 23:30 |

楽しかったあ〜。

一昨日に海へ行った。
久しぶりに日焼け後のヒリヒリを体験している。
どこかで打ったり、服で擦れたりした時には『おお〜』と固まってしまう。
刺激的な日を送っている。
少し大層だが。
楽しんでいる方が正しいかも。

誘ってくれたから行けたのかも。
行きたいと思っていてもタイミングを逃してしまう。
ありがとうの気持ち。

波とたわむれ、岩場で潜って小さな貝を採り、アローを泳がせ、、、嫌がられ。
アローは泳げるけれど海に入るのが嫌いみたい。
ブッチの肩によじ上って海に足が入らない様に必死だった。
小さい頃は平気だったのに。
慣れてもらいましょう。

昼からは台風の影響で波が強くなり、長時間海に入っていられなかったが、満喫しました。
海は好きだ。
泳いだりしてはしゃいだり、浜でゆっくり波を見たり、貝殻を拾ったりも出来る。

もう一度行きたい。



by itotoki | 2007-08-03 06:18 | すきなもの