<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧




個展リレー終了

私がトップに展示させてもらった、個展リレーが昨日を持って終了しました。
期間中たくさんのお客さんに来て頂き、展示した作家さんそれぞれはいろんな事を思いを持たれた様で良かったと思います。
私は、今年の春からいろんなイベントに参加して、考える事がたくさん増えている中での参加でしたが、前向きになる事が今大切なんだという気持ちがいっぱいになりました。
本当に個展リレーに参加できて良かったです。

自分が好きな麻と同じように、まっすぐに、すなおに、自然の中で生長していきたいと思っています。
『自分らしい』。
『自分らしく』。
これからも続けていきます。

まわりのみんな、ありがとうございました。



by itotoki | 2006-10-30 20:48 | 想い

糸染め

気に入った糸の量を増やして染めている。
『コセンダングサ』と『ビワ』。
『モッコク』の染液は今日採った。
太陽の光が似合う、草木染め。
一つ気になる事。
煮出している時の匂い。甘い匂い、菜っ葉を炊いている匂い、柑橘系に似た匂い等等。
もしかすると、匂いに近いもの同士が、親戚植物?
  モッコク(木斛)
f0089352_21564450.jpg

f0089352_2158024.jpg



by itotoki | 2006-10-26 21:58 | 染織

キビ太郎。小豆姫

鳥に食べられながらも収穫した、キビ(太郎)。
脱穀の方法が分らず、手のみの作業をした。
穂から実を採り、手でもんだり、木槌で叩いたりでなんとか脱穀した。殻はざるに入れ振って殻だけをとったり、風で飛ばしたり、、、、、手探り状態。
ここまで来ました。これは米で言う玄米の状態なので、さて、これからはどうする?
f0089352_2143187.jpg


小豆姫、2〜3日前に収穫した分を天日干ししてカラカラに乾燥させて、これも木槌でたたいて姫を日の当たる表へ。
しかし、これからが大変。
虫が住み着いているものや、食べられなさそうなものを選別。
f0089352_21484173.jpg


何かと楽しい仕事が多いものです。体験したい人いないでしょうか?



by itotoki | 2006-10-26 21:49 |

プチ北風

今日、気象予報士がプチな北風が入ってくると言っていた。
『北風』久しぶりな言葉だった。

少しづつ秋めいて来た。
標高の高い山では、紅葉が見頃らしい。
去年の今頃は山登りに行った。
赤や黄色そして紅葉しない木々の緑。
今年も住んでいる周辺や、山に行って紅葉の秋を満喫したい。

そして、プチ北風を感じたのは、今日初めて会った人と外で話した時、その人の唇が白っぽくなっていった。寒くなって来たんだなあ。夕暮れにそう思い、家に帰ってもお風呂に入るまで芯からの寒さは抜けなかった。

プチ北風から本北風まで、、、、、なんかしんみりしてきます。
f0089352_2135215.jpg




by itotoki | 2006-10-25 21:35 | 雑記

絵見た日

今日、インディアンフルートの奏者のマサゴヒデアキさんの絵を見た。
象形的、プリミティブなもの、色で現したものだった。
引かれるもの、『これ好き、懐かしい気がする』と思った。

家にあったら右、左から、そして、時間を通して見ているだろうなと思った。
一枚、二枚、欲しかった。

ややこしいかも知れませんが、率直な印象です。

昨日まで本人が居たその空間に、インディアンフルートと絵が流れていました。



by itotoki | 2006-10-23 23:13 | 作品鑑賞

作品を紹介します

今日、石田徹くんの個展リレーを見に行った。
チェスト?花模様になるテーブル等、素敵でした。
デザインに一工夫、ヒトセンス。
材質もいろいろ、楽しいです。
作る、私にも刺激を頂きました。
f0089352_1918679.jpg

つづいて、自然の作品を。
徐々に色づく実。
それぞれの実の色が毎日違う。
『これが当たり前ダス。』と草に言われそうだが、『うつくしい』と思う。
f0089352_19224786.jpg
イシミカワ

自然そのままの美しさはあるけれど、それを使った作品のうつくしさも魅力的です。



by itotoki | 2006-10-21 19:24 | 作品鑑賞

脱穀

長い間干していた小麦を最近脱穀している。
今頃?といわれそうだが、何ヶ月か干していても良いと聞いたので甘えてそうしていた。
やっぱり、虫がついた。

駄目な分が多いだろうけれど、せっかく実ったので脱穀を。

近所の方に足踏み式の脱穀機を借りた。
慣れるまでなかなかうまく行かなかった。
ペースをつかんで、がんばる、ブッチ。

もう、そろそろ、小麦を撒く準備の時期になる。
口にする日を待っています。

先日の染色教室に友人が参加してくれた。4年ぶりくらいか?(一人子供が増えていた)
農業をやっている夫婦で、いろんなことを教えてくれ、パンに向いている小麦の種をくれた。


f0089352_22154531.jpg




by itotoki | 2006-10-19 22:15 |

終了しました

染色教室終了した。ホッ。
30歳代から70歳代の方々が参加してくれて、途中にも質問がいっぱいで刺激いっぱいでした。
初めての事で準備に忙しかったし、気持ちがその事中心になってしまう事が多かったので、今はのんびりしていいのかなあ?と不思議な感じ。
一番は、皆の布がきれいに染まって、喜んでくれて、これからやってみてくれそうな人がいて、うれしかった。

写真を撮る余裕があまりなくて残念でした。

そして、道具を貸してくれた、アユンクさん、菅野さんや道具を運んでくれたkaoさんにも感謝しています。ありがとう。
ずっと車で待ってくれた、アロー、頑張ってくれたぶっちにも。。。ありがとう。

皆が心地よいと思ってくれるなら、その時間を提供できるっていいですね。
f0089352_2235086.jpg




by itotoki | 2006-10-19 22:03 | 染織

頭の残りの半分の仕事

なっている小豆が急に茶色に乾燥して来た。
この忙しいのに、と思いつつも気になる。
染めの作業とその合間を使って、天日干しした小豆をさやと豆に分ける。そのままにしておくと住んでいる虫が良い豆まで食べてしまう。

今日は日向は暑かった。
夢中になっていると、頭に麦わら帽子がのっていた。
ありがとうです。

3回目の収穫の小豆。
今日は、だいぶん多かった。
気になっていた、仕事が片付いて、頭に余裕ができました。f0089352_0513334.jpg



by itotoki | 2006-10-17 00:49 |

染色教室

近づいて来た。
ずっと頭の半分位を占めていた、行事。
最終的に確認を含め、同じ条件で染めてみた。
スムーズに行けた。良かった。
手技はブッチがしてくれる。
私は、講義をしたり、質問に応じたりいろいろ。。。。。。。。。。。。の予定。

慣れていない行事だから大切にしたいと思う。
自分の勉強にもなるし、この2〜3ヶ月はすごく勉強にもなった。
うれしかった。

18日、頑張ります。
楽しさを、喜びを伝えたいと車を走らせます。
f0089352_0373720.jpg
『身近なタマネギの皮でシルクストールを染めよう』



by itotoki | 2006-10-17 00:39 | 染織