カテゴリ:木( 9 )




ログ小屋

ブッチは今ログの小屋作りを手伝っている。
中心になっている人は、基本的に山の仕事をしている。
山の仕事と言うと木に関わることの大半だ。
このログは住む為のものでないので小さい。
木は山の仕事をしているTさんが切り出して来たもの。
それを加工して家の形になって来た。
昨日は、仮に組み立てたものを解体して設置する場所に移動させ、また組み立てたらしい。
丸太が組まれてログ小屋ができる。
いいにおいの空間ができたのだろうな。
f0089352_169549.jpg
これから屋根ができて行くのかな?



by itotoki | 2011-03-10 16:10 |

スツール、いろいろ

ぶっちの木工教室。
今回は、ちょっと手がかかるものを一から作ってもらったらしい。
そして、ぶっちが言うには、『シンプルな構造でありながら作る人の個性が出るものを作ってもらった』らしい。
家では,おにぎりの形をしたスツールを愛用している。
台に椅子に他、、、いろいろ。

今回のを参考に作ってもらう機会がある事を望んでいます。
f0089352_20524880.jpg




by itotoki | 2009-09-26 20:52 |

ログハウス

ブッチの今の仕事は、ログハウス用の木作りをしている。
山で以前に切ってあった丸太を出してきてもらって、加工している。
丸太のハンドカットは初めてでいろいろ教えてもらいながらの作業らしい。
初めての経験は楽しいのだろう。
そして、刺激も多い。
いいなああ〜。

他府県に加工した木を運ぶまで、試しに組み立てをしながらの作業らしい。
なんと手間のかかる事。
f0089352_18383828.jpg




by itotoki | 2009-09-12 18:38 |

茶ぶ台

木工の仕事。
もちろん私のではない。
家族5人が仲良くすごすだろう場所で、もうその家族の元で使われている。
材質はタモ。
元気いっぱいの男の子達がこの茶ぶ台の周りをにぎやかに走り回っている事を想像して
嬉しくなる。
脚の部分は金具を使わずの折りたたみ式になっている
f0089352_2221011.jpg




by itotoki | 2009-05-28 22:02 |

炭焼き 小屋

ブッチが東京出張から帰って来て、今度は炭焼きの小屋を建てている。
新しく作り直した炭焼きの窯の上に雨よけに建てている。
会社を早期退職された方がみんなに手伝ってもらって窯を作ったらしい。
できたてで、上の丸みが生き物のようでかわいい。

金物だけだと木酢を含んだ煙ですぐにぼろぼろになってしまうらしい。
トタンの下に野地板を貼っている。
簡単な山小屋風でいい感じだ。

そして、窯の上には大きな新緑の葉をつけた大きな木があって守っているようで、見ていると気持ち良くなってくる。
山の中で車も通らず、鳥と虫の鳴き声だけ、、、、
良い炭が出来そうな気がする。

f0089352_13364627.jpg




by itotoki | 2008-05-01 13:36 |

ダイニングチェア

ログハウス建築、作り付けの家具(収納、キャビネット、、、様々)そして、ようやく最後の仕事のダイニングチェアが出来上がり、納品した。
もちろん、ブッチの仕事。

注文して下さった方は、檜の材質が好きな様です。
しかし、楢材でと言うことになっていたが、やっぱりブッチは相手の方が好きな素材でと思ったらしい。そして、何ヶ月の付き合いでの家庭環境(お孫さんのことなど)や家の飾り付けなどから少しかわいい、ゆっくりと椅子の上であぐらをかける座面の広さなどを考慮したと言っていた。ゆっくり、お酒を飲むのが好きみたい。。。

私もちょっと座らしてもらいました。
程よいゆったり感と背骨のあたる感じが抵抗少なく、、、良いと思いました。
f0089352_2217441.jpg

これでやっと一段落です。

お疲れさま。



by itotoki | 2007-09-19 22:17 |

仕事

ブッチはずっとログハウスの追加仕事をしている。
木工職人であり、大工でもあるブッチは今、中間の仕事をしている。

予算のこともあり材質は無垢の木を使っていないが、作り付けの家具を作っては設置しに通っている。
こだわりはなんだろうな?と身近で見ていて思うくらいに丁寧に作っている。
普段の会話からヒントがある。
多分、『人が使う実用的な物、普段生活を送るのに使いやすいもの』だと思う。

今、工芸物と言われる物も昔は普段使われていた物だ。
より使いやすく、丈夫な物そして、デザインを。。。。。
普段の生活から進化、進歩があるのだろうと思う。
それもゆっくりとした進歩、必要な進化。
ブッチが残して行く物はなんだろう。楽しみだ。

今回の収納は施主が考えた。その中で、空洞として扱われる予定の所に、やるね〜と思う仕事を残していた。
それは、隠し収納だった。ここに隠された収納があるとはだれも思わないだろう所に作られていた。

これが『仕事』なんだろうな。
f0089352_2217825.jpg
引き出しのとって市販の物に気に入る物がなかったみたいで、、家にある余った木をつかったらしい。



by itotoki | 2007-05-23 22:16 |

出勤。

昨日、職人ブッチの仕事初めだった。
ログハウスを建てるのを手伝っている。
私も一日手伝いに行ったが、日本家屋の建て方と全然違って不思議な感じだった。
積み上げて、積み上げて建って行く。
日本家屋は縦のイメージがあり、ログは横のイメージが強い。

通勤に1時間半はかかるとの事。
都会では当たり前みたいだが。
まだシーンとしているこの時期のこの時間から動き出すのは清々しい。
通勤途中に朝日を浴びながらも気持ちよさそうだ。

そうそう、朝ご飯の準備中、まだ暗いから動物が来ていて、『なんで起きているの?』と慌てていろんな置いているものを落として帰っていた。



by itotoki | 2007-01-09 07:23 |

創るには材料が。

昨日、ブッチが木工家のト−ルくんと木を仕入れに行った。うちにも色々木の材料はあるがやはり、自分の創りたいものにあった木を捜すみたいだ。ブッチは前からミズナラの木で家具を創るのが好きみたいだ。私は、この木の木目はシンプルだけど、違う木目だと木の内に込めた豊かな感情を感じる。見る位置によって光って見える時も。
二人してトラックの荷台に板を積み帰ってきた。私には何だか分らない。これは?これは?と聞いて教えてもらうが、何となく分るくらい。
『この板を良いものにするのが仕事』らしい。
私も、仕事しよう。
ブッチもト−ルくんも素敵なもの創って下さいね。楽しみに。

ー6月にみんなでする展示会ー
あわやさんが宣伝用HPを作って下さいました。下記に書きましたのでよろしくお願いします。
   http://homepage.mac.com/yuran/kht/



by itotoki | 2006-05-10 08:12 |