カテゴリ:想い( 46 )




二日目になって

今日も展示会は続いている。今家に居て、昨日までの忙しさに慣れてしまった体と気持ちが流れを求めている。『どうしたものか?』とふと立ち止まってしまう。『こんな物も作りたい』と、展示会までは刺激で刺激で溺れそうになっていた。しかし、始まってしまうと、呼吸をする為に水面に上がって来た動物のような気分で『フー』となって体の隅々まで酸素が行き渡り落ち着いてしまった。(まだ、展示会は続いていて店番をしてくれている方々には申し訳ない事ですが、、)
ということで、ぼんやりと頭に浮かんだのは、『好きで、仕事か。』
私にはどんなスタイルで続けて行くのが向いているかは分らないが、いいな、好きと思う限り試行錯誤しながら続けたい。それが織りにでるならそれでいい。長所にすればいい。
言い切った。
私は以前看護師をしていた。勤め始め頃は研修で『看護観は?』『看護観について』など考えを述べる事が多かった。しかし、私は『まだはっきりまとまっていません』とか『また変わるかも』など曖昧に答える事が多かった。はっきりした考えを持つ大勢の同僚と比べ、あまりいい評価はされていなかったのではないだろうかと思う。 これでいいのかなあと悩んだ事もあった。徐々に漠然とだが自分なりの看護観が、一点同士が引っ付いて一回り大きい一点になってきたと思う。
性格はなかなかすごい物で同じような事を繰り返す。だから、悩むような所も長所にしてやると言い切る。できるようになったのさ。
しつこいが、ふらふらしたポリシーで、ふらさん所でちょっと頂き物して、次のふらさんところでも頂いて大きな点を作りたい。好きな織りが良い。
なんという自信、これは、性格?それとも???   年のせい?



by itotoki | 2006-06-15 21:11 | 想い

うず うず

展示会前で忙しい時に(だからかも)kaoさんの差し入れ(ありがとうね)のフランスパンを食べながら、ブッチといろいろ話をした。
『うず』の話で私がうずを書く時には内向きに描く。そして、すっきりしない時には無意識に外向きのうずを描いている事がある。拡散かな。
今は外向きになってしまう環境だ。展示会を前に必要だと思う。
『うず』は、流体のイメージがあって、人間の体の大半が水分である事もあり、関連は十分にあるだろう。等々。
最後には、感謝することが大切だねとなった。
f0089352_9223952.jpg
左 外向き  右 内向き



by itotoki | 2006-06-10 09:23 | 想い

縫う

シャツに、穴があいた。縫ったらこんなになった。洗濯を繰り返しているので、しわしわだ。
左前腕にあるから、前へ出すと何処でも『はいどうぞ』と通してくれそうな気がする。笑顔のつもりだけどだめかなあ。
継ぎ当てたり、縫い合わせたり、待っているものたくさんある。予備軍もたくさん。
楽しみがたくさんあるが、進まない。
布が貴重で、地味、倹約を云われた時代、表は普通に縫い合わせ、見えない所にきれいな文様や自分の思い等の柄を縫ったとか。なんか粋だな。
今は、表現の自由がある。幸せな事。
f0089352_653977.jpg




by itotoki | 2006-05-25 06:53 | 想い

母の日を目前にして

今日、用事があってブッチの実家へ行った。お母さんに昼食を作ってもらった。この母がなかなかの人で、年の割にあか抜けているというか、応用が利く人だ。若い人の考えに順応でき私たちとも話が合う。料理が得意で、わからないことは聞けるし、『こんな方法ある』というとやってみる。
『あそこでは298円、あそこでは288円』と数字がすぐに出てくる。負ける。
結婚する前、正月に挨拶に行った時だ。両親と4人兄弟が集まっていて、一人一人から違う質問攻めにあったことがある。みなさん、超マイペースな方々。このとき初めて、血液型性格ってあっているのかも?と思った。もちろん、お父さん以外は皆、B型だ。この母にしてか?もちろん、いい意味でだが。。。今日も刺激を受け聞きたいことは教えてもらった。
ちなみに私の実家の母もブッチの実家の母を『面白い人、話をすると笑うことがおおい』と言う。
ブッチが一番似ている気がする。『おおきにおかあさん』
母の日のプレゼントにかえさせて頂きます。
きっと返事は『ええわよ』だ。



by itotoki | 2006-05-10 23:48 | 想い

想い

約1ヶ月ぶりのブログです。この間には季節は進み、木々は緑が濃くなりました。畑の草は一日一日背を伸ばしました。タケノコを毎日朝早くに掘り、タケノコタイムでした。
ちなみに各々のタケノコによって、成長が違い時間の進み具合も違うようです。
とちあえず、これからも自分の感じる想い、生活を書きたいのです。



by itotoki | 2006-05-07 00:19 | 想い

巡る。

雨に煙る山肌に山桜。そろそろ散り始めて、赤色の新芽が出始めている。桜によって新芽の色が黄緑だったり。満開もきれいだがこの新芽が出始めている色合いが好きだ。今、色が簡単に作り出されているが、昔は、季節の巡りを見て感動した人たちが、色への憧れを染織へと現したのでは、と感じた。
この色合いの感動を表す事ができればいいだろうなあ。
この山桜を見た所は気に入っている場所で、季節が巡るごとにいろんな感情を表す事ができる。『巡る』。満開、新芽、新緑、、、と移り変わって行く心地よさと、持続されている安心感を感じた日でした。
f0089352_23251241.jpg




by itotoki | 2006-04-10 23:28 | 想い