カテゴリ:染織( 71 )




染色教室

近づいて来た。
ずっと頭の半分位を占めていた、行事。
最終的に確認を含め、同じ条件で染めてみた。
スムーズに行けた。良かった。
手技はブッチがしてくれる。
私は、講義をしたり、質問に応じたりいろいろ。。。。。。。。。。。。の予定。

慣れていない行事だから大切にしたいと思う。
自分の勉強にもなるし、この2〜3ヶ月はすごく勉強にもなった。
うれしかった。

18日、頑張ります。
楽しさを、喜びを伝えたいと車を走らせます。
f0089352_0373720.jpg
『身近なタマネギの皮でシルクストールを染めよう』



by itotoki | 2006-10-17 00:39 | 染織

わっかいち出店

ここの所、いいえ、ずっーとバタバタしている。
みんなそうなのかなあ?と思いつつ、染めたり、織ったり。

そして、畑仕事もある。

わっかいち、出店できるかどうかぎりぎりまで悩んだ。
出店を思い切りました。
織物は少ないけれど、染めた糸を出したいと、自分でも織るのに使えるし。
染める事に夢中だったので。

お天気良さそうで、楽しみ。
(しかし、のんびりしていられないので、出店中、染色教室の勉強します)
f0089352_21573123.jpg




by itotoki | 2006-10-13 21:57 | 染織

雨のち虹のち晴れ

虹を見た。きれいだった。

草木染めで優しい色という言葉をよく耳にする。
これも優しい色だなあと、虹を見て思った。

なんか良い事ありそうだ。

予定している、糸の染色がだいたい終了した。
思った色と違ったり、思ったより素敵だったり、いろいろ、いろいろ。

『草木染めをするにはその植物の事を知る必要がある』と本に書いてあった。その通りだと思った。そして、普段なかなか憶えられない名前を憶えられた。1つ2つですが。

over the rainbowという言葉が頭に浮かぶ。
f0089352_22154285.jpg
f0089352_22161528.jpg
染めの記録中。こちらは真剣ですが、通りすがりのおたくは?



by itotoki | 2006-10-04 22:18 | 染織

染色に夢中

最近、シルクの染色をずっとしている。糸はよく染めるが布の経験があまりない。
10月に草木染め教室というものを頼まれてする事になったからだ。
やり始めると、なかなか楽しい。
息をするのを忘れるくらいとまでは行かないが、ついつい静かに息をしながら染めに入る。
微妙な所、大胆にする所があると思うが、経験不足か慎重になる。
この緊張も楽しいのかも。

染める生地や糸が足りないので慌てて注文する。
いっぱい染めてみたいものがある。

ゆくゆくは自分の生成りで織った生地を染めようと思う。

f0089352_2117819.jpg
タマネギ外皮の段染め
f0089352_21181787.jpg
栗のイガでアルミ媒染後絞って鉄媒染しました



by itotoki | 2006-09-26 21:20 | 染織

プチ、プチ

プチ、マフラー。
アローの糸で織った。
生成りと藍染めの糸で、タマネギ染の糸も使った。
欲しいと言って下さった方の顔を思い浮かべながら。。。。。
一度だけの出会いだけれど、お話しした時の事ははっきりと。

気に入ってくれるといいな。
f0089352_22435659.jpg




by itotoki | 2006-09-19 22:43 | 染織

コセンダングサ

先日に染色したコセンダングサ。
最近までは、アローに引っ付くひっつきむし。。。
今は、きれいな色を染められる、材料。
今度染める為にちょっと置いておこう。
あまりにも対応が違いすぎる???
きれいな色に染まったストールは後日に青空の下で写真を撮ります。
f0089352_22375142.jpg




by itotoki | 2006-09-19 22:38 | 染織

あかり

暖簾などを買って頂いた上御殿さんの依頼をうけて、電灯に貼ってあった紙を織った布に替える事になった。もう、20年近く使っていて貼ってある紙も破れてきていた。

私が布を織って、ブッチが貼ってくれた。
私にはできません、たぶん。

上御殿さんが3日間休みだったので、その間に預かりに行って、3日後に取り付けに行った。
気に入ってくれて良かった。
私の織った布が透けた感じなので、少し明るくなった。
そのため、電球の明るさを下げてもらう事にした。

お客さんや働いている方々に違った明かりを楽しんで頂ければいいな。
f0089352_2310409.jpg




by itotoki | 2006-09-16 23:11 | 染織

草木に。。。

昨日から草木染めの染料を煮出している。
昨日はアカソ、今日は枇杷とコセンダングサ。
アカソは苧麻に似ているが茎が赤く、赤みに染まる予定。
枇杷は茶色がかった赤、コセンダングサは黄色っぽい色の予定。
アカソは家の周辺になく(2〜3本見つけている)アユンクの家の近くで収穫させてもらった。
枇杷とコセンダングサは家の畑で。
枇杷は必要な分だけ収穫させてもらった。
コセンダングサは、あのこれから草むらを歩くと引っ付いてくる、とげの形をした引っ付きむしと言っているもの。
あんまり気に留める事がなかったが、染織の本を見る時間が増えて、畑、山が草木染めの材料の宝庫である事がわかった。

ちょっと、楽しんでみよう、と。

染めたものを画像で今度。



by itotoki | 2006-09-15 22:53 | 染織

藍染めのうつくしさ

頼まれていたタペストリーを作った。
経糸は苧麻で藍染めをした。糸は不規則に紐で括って染まっていない所を作った。
緯糸はアローの糸で藍染めをした。

織ると、括る所を計算したわけではないので不規則な模様になった。
でもなんとなくのバランスで模様が浮き上がって来た。

私は、スクモから藍を立てて染めていないが、
藍染めの色はうつくしい。

瓶覗き(かめのぞき)・水浅葱(みずあさぎ)・浅葱・浅縹(あさはなだ)・花色、千草色・縹・紺
と言う風に色の濃淡で呼び名も違い、この響きもうつくしく感じます。

色の違い、呼び名の違いを扱えるようになりたいです。
f0089352_22104366.jpg




by itotoki | 2006-09-13 22:11 | 染織

8月29日の布

テーブル敷に縫いました。
アローの生成りを中心にアローの太い糸と藍染糸、そして、タッサーシルクの糸を織り込みました。
ふうー、ミシンがけはいつも緊張します。
途中から『おっ、調子いいね』となります。
もっと慣れなくちゃね。

敷物は全部、模様を変えました。
布から一枚一枚の敷物に作るとそれぞれに表情が出てきました。
みんなかわいい子たちです。
f0089352_2273160.jpg




by itotoki | 2006-08-31 22:09 | 染織