カテゴリ:染織( 71 )




仕事の意識

染織は仕事であり、好きな事。
新しい事を進めるにあたって、緊張する。
今回、苧麻の経糸の本数を倍に増やしてみた。
今まで作る事に追われてしまって出来なかったこと。
出来た、けど課題は多い。
緊張することがドキドキで遠ざける事も多くなってしまっている。
緊張は、仕事と言う意識が強すぎるのか?
自分の中で山をひとつひとつ超えて行く、出来た嬉しさ、楽しさ。
これからも続けよう、いいもの、好きなもの作ろうっと。。
f0089352_20543399.jpg




by itotoki | 2007-09-12 20:56 | 染織

アローです。

犬のアローではなく、糸のアローです。
アローの糸で織りました。
この糸と雰囲気でと依頼されて織りました。

この糸の土っぽい、大地っぽい感じが好きなんだよなあ。
ちょっと夏の暑い大地と青空を意識したのですが。。。

きっとこの気持ち伝わると思います。

f0089352_22254739.jpg
f0089352_2226527.jpg




by itotoki | 2007-09-05 22:26 | 染織

暖簾を作ろうと織った。
柿渋で染めた糸をベースに縞に藍、玉葱で染めた糸を使った。
柿渋で染めると他の素材で染めるよりもパリッとした糸になる。
少し織りにくい時もある。
色合いが好きだ。

この布は幅約100センチで丈が120センチくらいの4枚はぎの暖簾になる予定です。
f0089352_2112851.jpg




by itotoki | 2007-07-17 21:13 | 染織

水無月

立夏もすぎて、徐々に夏に近づいて行く。
その前に『梅雨』がある。
必要と思うが、雨が続くとカビっぽくなって憂鬱になってくる。
そんな気分を吹き飛ばそうと。
どんな感じになるかなあと思って織りました。

アユンクさんに頂いたヘンプの糸を経糸に、そして、緯糸に苧麻の生成りの糸を織り込みました。
経の縞は以前に染めてあった、栗のイガで染めたヘンプ糸です。

帯にでも使えそう?

さあ、水無月に入りました。
f0089352_21353772.jpg




by itotoki | 2007-06-02 21:36 | 染織

『地球に感謝』です。

展示させてもらっている、G-worksの展示会が4月26日から始まる。
今回のテーマは『地球に感謝』~Our Earth~との事。
このテーマについてずっと考えていた。
私にとって大きすぎる課題だった。
いろいろ考えた結果、普段から畑ごと等をしていて感謝する事は毎日のように感じる。
そして、私たちは『つつまれている』と言う考えに落ち着いた。
ここの所、友人のうれしい妊娠、最近カンガルー抱っこしているお母さんを良く見かけ気になっていた。そうだ、袋を作ろうと考えた。

いろんな事があって大変な事も多い。けれど、どんな時も私たちは地球に『つつまれている』。
それがあることの安心感。
どんな時もみんなにあるんだよね。

布を織って、残ったハギレで袋を作った。
私には大切なハギレです。
f0089352_22405035.jpg




by itotoki | 2007-04-24 22:40 | 染織

恐れ多いけれど、近いです。

今朝のNHKの日曜美術館に志村ふくみさんが出演されていた。
雑誌や本で拝見した事があって、素敵なものを作られるのは知っていた。しかし、話を聞いたのは初めてで少し興奮した。
80歳以上での新しい事への取り組み、そして、そのいきさつがピュアであり、自然である事。
話をしている姿は乙女のよう。(すごく失礼な言い方と思いますが、あえて)
昔、糸がすごく貴重だった時にある糸をつないで織ったものはもちろん生活の一部だ。今、同じようなものを織ろうとして、切った糸をつないで織ったとしてもそこには作為的なものしかない。それが嫌で、駄目だと思ったらしい。しかし、木工作家の黒田辰秋さんに、『昔と今のリズムは違う、今の時代にあったものを作れば良い』と言われて、吹っ切れたらしい。
また、織った着物のはぎれをずっと大切にしまい込んでいたらしい。切ったり出来ずに。それが、『病気をして違う所に着地したみたいで、、、、』、最近、そのはぎれで違うものを作られていた。はぎれで作った全然違う作品だった。
自分が特に『ああ〜本当、わかります』と響いたところだ。
うまく言えないが、『違う所に着地』なんて考え方、すごく好きで、近いです。
その言葉のまわりにはたくさんの時間の流れといろんな事があるでしょうが、その言葉にされた気がします。
言いたくても言葉に表せない事をすっきりしてもらった感じでした。



by itotoki | 2007-02-25 21:50 | 染織

草木染め体験

畑仕事の後、友人達に草木染めを体験してもらった。
これもすごく興味があるらしい。
私はひさしぶりだ。
畑にあるものを自分たちで採ってもらって、シルクの布を染めた。
薪を燃やして染めたので、木を燃やすことも楽しそうだった。
体験と言っても、教室ではないので、お茶を飲みながらお菓子を食べる時間が長かった。
最後には、きれいに染まって、一安心。
f0089352_1030090.jpg




by itotoki | 2007-02-12 10:30 | 染織

やんわり

11月23日の一日限定で『やんわり生活』のイベントがある。

わたしも参加させてもらう。

『やんわり』の気持ちは意識している。
しかし、日常生活では、『やんわり』と行きにくい。
気持ちと、作るものを『やんわり』していきたいと思う。

みんなの『やんわり』が楽しみだ。



by itotoki | 2006-11-12 20:57 | 染織

糸染め

気に入った糸の量を増やして染めている。
『コセンダングサ』と『ビワ』。
『モッコク』の染液は今日採った。
太陽の光が似合う、草木染め。
一つ気になる事。
煮出している時の匂い。甘い匂い、菜っ葉を炊いている匂い、柑橘系に似た匂い等等。
もしかすると、匂いに近いもの同士が、親戚植物?
  モッコク(木斛)
f0089352_21564450.jpg

f0089352_2158024.jpg



by itotoki | 2006-10-26 21:58 | 染織

終了しました

染色教室終了した。ホッ。
30歳代から70歳代の方々が参加してくれて、途中にも質問がいっぱいで刺激いっぱいでした。
初めての事で準備に忙しかったし、気持ちがその事中心になってしまう事が多かったので、今はのんびりしていいのかなあ?と不思議な感じ。
一番は、皆の布がきれいに染まって、喜んでくれて、これからやってみてくれそうな人がいて、うれしかった。

写真を撮る余裕があまりなくて残念でした。

そして、道具を貸してくれた、アユンクさん、菅野さんや道具を運んでくれたkaoさんにも感謝しています。ありがとう。
ずっと車で待ってくれた、アロー、頑張ってくれたぶっちにも。。。ありがとう。

皆が心地よいと思ってくれるなら、その時間を提供できるっていいですね。
f0089352_2235086.jpg




by itotoki | 2006-10-19 22:03 | 染織