カテゴリ:作品鑑賞( 22 )




ワークショップ

本日(昨日)早川ユミさんのワークショップ行って来た。
エプロン作り、
手縫いで赤い刺繍糸で縫った。
布はリネン。
こんなにざっくりでいいのかなあと思いつつ、
普段細かい仕事をしているが、本来は結構おおざっぱな私には
心地よかった。
周りに人は丁寧。
『すごいなあ』
適当ではなく、真剣にざっくり。
いろんな人との出会いもあり、いいね。



by itotoki | 2012-07-15 01:07 | 作品鑑賞

作業場兼ギャラリー

ブッチの仕事が一段落した。
やきものを作っている作家さんの作業場兼ギャラリー。

経過を時々見せてもらったが、
明るくなって、広くなって、
なによりも彼女の作業場になった。

彼女の色が濃い。

いい作品できるだろうな。

これから寒くなり静かになって、ストーブの木の燃える音とラヂオの音、土をこねる音、ろくろをまわす音、、、この作業場の中から聞こえてくるだろうと想像すると、
自分のものではないけれどわくわくする。
f0089352_2220562.jpg
外壁は彼女が塗った、いいですねー。



by itotoki | 2011-11-18 22:22 | 作品鑑賞

オープン

友人の工房兼ギャラリーのオープニングパーティに行った。
都会から離れた山の中にあかりが似合うホッとできる空間だった。
ここは何があるのか?
興味がわくだろう。
『陶器のギャラリーですよ』、と自慢げに言いたくなる。
素敵だった。

もちろん作っているものも可愛いものからドンとお腹に響いてくるような土っぽいもの、
見ているだけで嬉しくなる。

私の目に新しい知識を増やせた一日でした。

外のテラスで食べたご馳走も感激だった。
f0089352_21242496.jpg
f0089352_21252353.jpg




by itotoki | 2011-11-12 21:25 | 作品鑑賞

現象

昨日、家の上(空)では鮮やかな現象が起こった。
環水平アーク?内暈?詳しくはないけれど、見ているだけで幻のように思える。
青空の中にきれいな色。

現象は不思議とときめきが混ざっているものがいい。
f0089352_11332834.jpg
f0089352_11335212.jpg




by itotoki | 2010-04-27 11:34 | 作品鑑賞

焼きしめの器

今日、焼きしめの器展を観に行った。
中本純也さんの作品展だ。
焼きのもには詳しくないが、素敵だった。
例えばわん(椀)を両手で包み込むように持つ。少し楕円形の形をしているのに手で回しながらどの方向から包み込んでも手に馴染む。包み心地がいい。
ちょっとふしぎだった。少し手に違和感があるだろうと思っていたのに。
勝手な事行って申し訳ないが、誠実、静謐、そして、宇宙の木星をイメージした。

『好きなように勝手に使っていいですか?』の問いかけに『いいですよ。どうぞ。使って下さい。』と屈託のない笑顔で心地よくなり今晩の夕食に早速使いました。
此処からは私の焼きしめになった。
f0089352_21351790.jpg
食べている途中の画像ですが、自分ちの野菜達が映える気がしました。



by itotoki | 2008-05-23 21:36 | 作品鑑賞

そばっこケーキ

そばを挽いて粉にした。
このそばっこだけで(キビ砂糖、卵、サラダ油、水にも参加してもらい)ケーキを焼いた。
シフォンケーキの予定がスポンジケーキの膨らみ止まりだった。
なかなかうまく行かないものだ。

味は好みでおいしかった。

自分ちのそばを使えたことだけでも満足。
f0089352_20492167.jpg




by itotoki | 2008-02-26 20:49 | 作品鑑賞

ペルー土器二人展と東寺

昨日、京都で行われた、ビクトル マヌエル フアレスさんと清水匡子さんの展示を見に行った。
彼の作品を以前見た事が会って興味があったのと、ペルーと言う名前に惹かれたので。
焼き物の事は詳しくないが、紀元前500年も前からの方法を自分なりに少し変えてその地で続けている事と、実演を見せてもらって土と手が一体化しているみたいに滑らかに形を変えて行く様、彼の静かでありながら集中している顔に感動した。
作られているものもすごかった。
うまく言葉にできないが、魂から良いと伝わって来る。
ちょっと恥ずかしいこの表現が合っていると思う。
私のペルーのイメージはインカ、マヤ、アステカ等の遺跡好きから、『石と土』そして、『太陽』。
確実なものになった。

展示を見に行く前に東寺のガラクタ市に寄った。
なぜか、メスシリンダー、試験管、試験管立て、薬用瓶等のガラスものが気になった。
ブッチの影響か(元化学系のため?私も元々これらに少し関わっていたため?)。
結局、遮光の薬用瓶を購入。
瓶とふたのガラスが擦れた感じが好きなのに、、、『ここにワセリンを塗ると密閉しやすくなる』とブッチが興ざめな事を横から言う。
種等保存するには良いと思っていたけれど、密閉する方が良いのは分っているけれど。
ねえ〜。

東寺とペルー違う文化を楽しんだ一日でした。
f0089352_23582081.jpg
今年まだ見れていなかった蓮の花。きれい。この文化は??



by itotoki | 2007-08-06 23:59 | 作品鑑賞

阿弥陀堂だより

先日、『阿弥陀堂だより』という映画がテレビで放映されていた。
阿弥陀堂で暮らす一人のおばあさんの言葉がこころにしみた。
自然と共に生きる事でこんな言葉が出てくるのだろうと思った。
自分もそんなおばあさんを目標にしたいと思った。



by itotoki | 2007-05-31 05:53 | 作品鑑賞

しつらい展

しつらい展を見に行った。竹紙のこんちくしょうさんも展示されていたので。
以前行った時と違う人の展示もあった。
『しつらい』の作品をじっくり見ました。

こんちくしょうさんのいろいろのタイプの竹紙で創ったドームよかったです。
中に入りたかった。。。



by itotoki | 2007-05-22 22:11 | 作品鑑賞

春の光

何年も前に作った、刺し子した暖簾。
トイレのカーテンが古くなったので交換した。

暗い時には刺し子の模様が見え、この時期の強くなっている光が差し込むと刺し子した部分が影になって楽しめる。
これもなかなか良い。
木綿の布だが透き通って涼しく見える。

自然はいつも思わぬ事を見せてくれる。
f0089352_736112.jpg




by itotoki | 2007-04-23 07:36 | 作品鑑賞