カテゴリ:熊野( 7 )




ヤマのなか

ブッチが恒例の熊野の山を歩いて来た。
途中の写真を見て、
f0089352_21453233.jpg

この空間の中にどれだけの水分とそれにまつわる生き物が存在するのかと思った。
殆どが私達の目に見えない生き物。
ヤマの中にはそう思える空間が多いと思う。



by itotoki | 2012-04-23 21:48 | 熊野

修験

今年は、ブッチ一人で参加した。
熊野修験。
二十数キロを歩く。
顔見知りの人と久しぶりに出会い、山道をいろいろ考えながら、また無心で歩く。
日常生活にはできない時間を持つ大切さがあると思う。
普通山歩きをするのとはまた違う空気の流れ。
私は今回留守番。
普段持たない一期一会をこのときは感じる。
たくさんの参加があったらしいが、それぞれに何を考えて歩くのか少し興味がある。
自分に考えもつかないことを感じていると思うと、人の出会いを大切にしたいと思った。
f0089352_8571082.jpg




by itotoki | 2011-03-06 08:57 | 熊野

古道歩き

熊野古道を歩いた。
知人達は殆ど初めての歩きだった。
6.9kmを約2時間半で歩いた。
山道はあるが民家の生活道も歩き、熊野詣の道中という感じがした。

久しぶりに歩いて、針葉樹の匂い、山の中の空気、そして、この時期特有の斜めからの太陽の光が心地よかった。
知人達は、楽しそうに話をしながら賑やかに歩いていた。その姿を見て、昔から人がこの道を歩き続けていることに不思議な気持ちがした。この道だから余計にそう思ったのかもしれない。
人それぞれが思いを馳せる。

知人達はどう感じたのかは分らないが、いろんなことを感じるきっかけ、機会になってくれればと思った。
f0089352_23563142.jpg
f0089352_23561467.jpg




by itotoki | 2010-12-21 23:56 | 熊野

筋肉痛、体がカチカチ。

昨日、久しぶりに熊野修験を体験した。
2回目の参加で今回歩く所は初めてのコースだった。
那智勝浦町の青岸渡寺から本宮大社までの約25キロ以上の道のりだった。
大雲取、小雲取という2カ所の山を越えた。

ずっと登りが続く間やはりしんどい。
こんな時は『頑張ろう』とか『もう少し』とかいろいろ考えるが、今回は全くと言っていい程何も考えずに歩き続けた。
途中にミミズを見つけると踏まないようにとか大きな枝が落ちていると避けて通ろうとかは反射と同じ程度には頭を使った。
小休止以外のときは殆ど話をしなかった。
こんな時は脳はゆっくり休んでいるのだろうか?それとも普段と違った状況に活性化されているののだろうか?私は活性化されていると思う。

登りでは自分でも驚く程しんどくなかった。
これも何も考えずに歩いたからか?

苔むした石で数回転びそうになった。
その度に私の後ろを歩いている見ず知らずの人が、『おっと、大丈夫?』と手を出して支えようとしてくれる。
この感じも好きだ。嬉しくなってくる。

今日の筋肉痛は、昨日の経験を体に浸透させてくれている。
そんな気がする。
f0089352_22191743.jpg
右上の山頂の鉄塔の所(大雲取)を越えてきました。2カ所目の山から撮影。
f0089352_2221516.jpg




by itotoki | 2008-03-16 22:21 | 熊野

熊野修験

ブッチが久しぶりに熊野修験に参加した。
雨に降られる事はなく、那智勝浦の青岸渡寺から本宮大社までを歩いた。
200名以上の参加だったらしい。何らかの考えがあっての参加だろうが、若い人が多く、新客さん(新規参加の方)も増えていたらしい。
私は、アローとお留守番だ。
いつか、個人的に歩いてみようと思う。

久しぶりに会う方、新たに出会った方に聞いた話を聞かせてもらった。
行けなかったが、その場に居た感じがした。
気持ちがすっとした。
これも修験の一つだろうか?
大切な気持ち、だと思う。

そして、前日の夜遅くに親戚の一人が亡くなった。そのこともあってか、ブッチは歩いている途中やお経を大勢で唱えている時に、その人の事を考えてくれていたらしい。感謝している。
きっとその人にいいふうに届くだろう。
f0089352_7143516.jpg




by itotoki | 2007-03-12 07:14 | 熊野

おみやげ

ブッチが今年4回目の熊野修験に参加した。奈良、十津川村の玉置山から前鬼までの行程を、一泊二日で約22時間かけて山の中を歩いた修行だったらしい。いろんな人との出会いがあり、話をしていい経験をした。
と言う事でおみやげは。。。。。
こんな人とこんな事話をした、こんな事あった、道のりの景色や自然のこと。
そして、お持ち帰りの品です。もちろん採取はしていません。それぞれにポーズをとってもらっただけです。
f0089352_22103565.jpg
シャクナゲ
f0089352_22121276.jpg
イワカガミ
f0089352_22125811.jpg
つつじ
f0089352_22155010.jpg
シロヤシオ(ゴヨウツツジ)
f0089352_22233443.jpg
行者



by itotoki | 2006-06-04 22:25 | 熊野

お日さま、パート2

昨日、ぶっちが山歩きに那智山へ行くのについて行った。早朝、青岸渡寺に着いてちょうど朝日が海から上がって来た。なんと、きれいなこと。空気が澄んでいるし、前日まで降った雨が那智の滝の水量を増やしていて、圧倒されていた時だった。幸せな場所に居られた事に感謝です。ちなみに、水量が多い滝の流れは、今まで見た事のない、すごいものという感じだった。しかし、暖かだった。
f0089352_2224934.jpg




by itotoki | 2006-03-12 22:04 | 熊野