柿渋

普段から柿渋を使って糸を染める機会が多い。
好きな色合いで、麻のパリッとした感じにより張りをもたす。
最近は染織に使われているのよく見かけるが、昔から防水、防腐などに使われて来たらしい。
酒袋、和傘、木材の防腐防水、魚を捕る網などいろんなものに実用的につかわれてきたらしい。

私は、以前から柿渋を扱っている店で購入して来た。
一度だけ聞きかじった内容を思い出しながら、自分で作った。
少し染まったが、反応が鈍かった。

今回、ブログで知り合った方々の内容を参考にして早速作ってみた。
そして、今日、日陰で涼しい所に保管して柿渋が出来るのを待つ、瓶詰め(正確に言えばペットボトルにした、ほんとは瓶にしたかった)を行った。
柿渋液に近いけどまだ未熟な甘酸っぱいお酒のような匂いが漂っていた。
ペットボトル2リットル入り4本になったので、熟成場所を変えてみようと思っている。
1本はぜひ畑の大きな木の下あたりに土に埋めてみたいと思っている。外気からの影響を受けにくいと思うので。

半年から1年後がお楽しみ。
f0089352_2232398.jpg
青柿を小さく切って水に浸けた。1日目。早速泡が出てきていました。
柿とは何者?奥が深そうです。



by itotoki | 2007-09-21 22:02 | 染織