茶摘み

いいお天気。
私の実家の茶摘みを手伝った。
近所のおばさんが私と母が摘んでいるのを見かけて、急遽手伝ってくれた。
なんという、田舎の近所付き合いの良さ。

茶葉は少し新芽が硬くなりかけていた。
茎まで摘んでと言う事で終わる頃には指が痛くなっていた。
実家はお茶の自給率が高い。茶粥なんて炊くものだから多く摘んで煎らないと追っ付かないらしい。
多分、明日も茶葉を摘んで、薪を焚き、大釜で煎り、むしろで揉んで天日干しする事になるだろう。小学生の頃以来の行事、楽しみだ。なんとなくは憶えているが、しっかり憶えてきて、自分でもやってみよう。

近所のおばさんと母が並んで話しながら茶摘みをしているのを、隣で聞いていた。
『ぼんぼりが、、、、、、』何の話かと思えば、タマネギのとうが立ってネギ坊主が出来ている事を話していたらしい。
かわいい。のどかだ。
茶摘みのゆっくりの時間にはピッタリの会話。
f0089352_2131362.jpg




by itotoki | 2007-05-09 21:42 |