友人夫婦へ

久しぶりに友人夫婦が畑に寄ってくれた。
車が来たとき、彼女の姿が手前に見えたので、『左ハンドル?』と思ったが、旦那さんが運転していた。まだ慣れない光景だった。
彼女は何時も『シュッシュッ』と軽やかに駈けるようにように歩くが今回は少し違った。
まあるいお腹が少し重たくなったのか、、、何時もよりも地面に足が着いている時間が長いようだ。母になってきている、そう感じた。
久しぶりに夫婦と得られる時間が流れた。

夫婦が帰って、『あっ、そうだ、お腹を触らしてもらうのを忘れた』と残念だった。
今度はいろんな想いを込めて触らしてもらおうと。

順調の言葉にうれしかった。
ブッチが帰ってくるなり夫婦が来てくれた事を話した。
『よかったなあ』と思ったとおりの言葉もうれしかった。



by itotoki | 2007-03-15 21:57 | 想い