藍染めのうつくしさ

頼まれていたタペストリーを作った。
経糸は苧麻で藍染めをした。糸は不規則に紐で括って染まっていない所を作った。
緯糸はアローの糸で藍染めをした。

織ると、括る所を計算したわけではないので不規則な模様になった。
でもなんとなくのバランスで模様が浮き上がって来た。

私は、スクモから藍を立てて染めていないが、
藍染めの色はうつくしい。

瓶覗き(かめのぞき)・水浅葱(みずあさぎ)・浅葱・浅縹(あさはなだ)・花色、千草色・縹・紺
と言う風に色の濃淡で呼び名も違い、この響きもうつくしく感じます。

色の違い、呼び名の違いを扱えるようになりたいです。
f0089352_22104366.jpg




by itotoki | 2006-09-13 22:11 | 染織