ハーレー ダビッドソンと織り機

織りを仕切り直してしようと。織り機の調整のためブッチに木や工具を借りて決行。しかし、なかなかうまく行かず。これは、ブッチ様のお知恵と器用な手を借りようと依頼した。
今日は、久しぶりにバイク達を調整していたブッチ様。
『お手伝いいたします』とハーレーの磨きを買って出た。
ここの所動かずのハーレーで、置物状態である。
このハーレーは、バイクの事が詳しくない私でもスタイルがきれいだと分る。
『いいなあ、乗ってみたい』。
私は大型の免許を持っていないので、オフロード用のジェベルを久しぶりに走らせた。風が風が気持ちいい。
きっと、明日には調整できた私の織り機が調子良く『トントン シャー』と音をたてているはず。
その前に、早朝にバイクに乗ってみよう。風を受けて、織りも清々しくできるだろう。
f0089352_2211136.jpg
パンヘッド掃除前



by itotoki | 2006-08-20 19:31 | 雑記