縫う

シャツに、穴があいた。縫ったらこんなになった。洗濯を繰り返しているので、しわしわだ。
左前腕にあるから、前へ出すと何処でも『はいどうぞ』と通してくれそうな気がする。笑顔のつもりだけどだめかなあ。
継ぎ当てたり、縫い合わせたり、待っているものたくさんある。予備軍もたくさん。
楽しみがたくさんあるが、進まない。
布が貴重で、地味、倹約を云われた時代、表は普通に縫い合わせ、見えない所にきれいな文様や自分の思い等の柄を縫ったとか。なんか粋だな。
今は、表現の自由がある。幸せな事。
f0089352_653977.jpg




by itotoki | 2006-05-25 06:53 | 想い